ポートフォリオページ

プロフィール

名前:遠藤司(えんどう つかさ)
生年月日:1988年11月17日(31歳)
Twitter:@entsuka
Github:entsuka70
Gmail:entsuka70@gmail.com

経歴

2009年 国立宮城工業高等専門学校 材料工学科 卒業
2011年 国立長岡技術科学大学 材料開発工学課 卒業
2013年 国立長岡技術科学大学大学院 材料開発工学専攻 卒業
2013年 電子部品メーカー(東証一部上場) 就職
2020年 インタラクティブ動画SaaSスタートアップ 就職
    バックエンドエンジニアとしてCMSの新規機能開発・機能改修の業務に取り組み中

「様々な人に影響を与える開発」を行いたく、電子部品メーカーに入社致しました。
主に、PC向けや自動車向けの製品開発を行いました。
私は、製品開発として特に以下のアクションを意識してきました。

  • コンスタントな新商品開発
  • ユーザー/自社視点での新商品開発

【コンスタントな新商品開発】
市場は日々進歩していきますので、乗り遅れることなく飛躍した特徴をもつ新製品開発をコンスタントに行う必要がありました。
その為、私は計画している新商品を立ち上げながら、並行して新商品の種となる新材料や新構造の検討を外部の方や工場の方を含めて協力しながら検討していました。
その結果、社内で私だけ、ホームページに常に開発した新製品が掲載される状態になりました。
・難しいとされることでも挑戦し
・コンスタントにやりきる力や
・コンスタントにやりきる為に社内外の見えない所で考え、働きかける力

を磨きました。

【ユーザー/自社視点での新商品開発】
新商品開発は、ユーザーのニーズに応えるからこそやる価値があると考えています。
ですが、驚いたことに現状の開発は技術先行の風習がありました。
これは違うのではないかと思い、ユーザーの本質的なニーズはどこにあるのか関係者からヒアリングし、本当のニーズはどこにあるのか考えました。
また、ユーザー視点だけでなくこれを開発することで、社内での技術的なブレークスルーを起こしたいとも考えていました。
最終的にこの新商品を立ち上げることで、
・1000万/月以上のさらなる売り上げ向上に貢献し、さらに拡大見込みとなりました
・今まで未開拓だった市場にも進出できるようになりました
・ブレークスルーを起こすことで社内で最も輝かしいCTO賞を受賞しました

課題を設定し、課題解決に取り組んだ結果、定量的な向上が観測された際に強い達成感を感じます。

2019年12月 退職
2020年1月 転職活動中

その後、様々な人に影響を与える開発ができると考え、SaaSスタートアップにてバックエンドエンジニアとして従事。主にCMSの新規機能開発・機能改修業務(CakePHP, PHP, JavaScript)をバックエンドを主軸にフロントエンド業務にも取り組み中。

プログラミング学習履歴

毎日継続して学習を続けております!
転職後も継続して続けていきます!

2019年3~4月 HTML, CSS
2019年5~6月 PHP, MySQL, jQuery, Sass
2019年7~8月 WordPress, SEO
2019年9~12月 PHP, Laravel, Docker, テストコード
2020年1月 AWS
2020年2~4月 CakePHP, PHP, AWS
新しい技術に興味・関心があり、どんどん使えるようになりたいと考えています。

どのようなエンジニアを目指しているか

前職を辞めてまでIT業界への転職を志したのは、「様々な人に影響を与える開発」を瞬時にダイレクトに行えることに魅力を感じたからです。
その為に、以下を大切にWEBエンジニアとして頑張っていきたいです。

  1. 関係者と協力しながらより良いサービスを構築できるエンジニア
  2. 合理性や生産性を追求しながらも遊び心を忘れないエンジニア
  3. 状況の変化を楽しみ新しいことに挑戦するエンジニア

1.関係者と協力しながらより良いサービスを構築できるエンジニア

前職で感じたのですが、様々なバックグランドを持った人達で完成させた新商品はより良いものに仕上がっていると肌で感じています。
前職でも社内外の様々な方と相談しながら進めて、より良いものを作ってきたので、WEBエンジニアでもコミュニケーションを大切に良いものを築き上げたいです。

2.合理性や生産性を追求しながらも遊び心を忘れないエンジニア

素晴らしい製品を作るのに大切なのは実は「遊び心」だと思っています。
「遊び心」があると新たな発見や知見を自発的かつ積極的に取得することができます。
そうすると、仕事の更なる効率化や自社製品に新たな付加価値をつけることができると考えています。
実際に「遊び心」を持って検証していたおかげで、クレーム対処を乗り越えた経験があります。

3.状況の変化を楽しみ柔軟に対応できるエンジニア

IT業界はどの業界よりも状況の変化が早い分野だと思います。
情報のアンテナを高くし、固定観念に捉われず、時には思い切りの良い行動や柔軟な対応ができる人物になることが必要だと考えています。
市場トレンド・技術トレンドに敏感になり、柔軟に建設的な行動を実行していきます。

成果物一覧

PHP(ボールはどこだ)

【アプリ概要】
・ボールを箱に入れ、箱を動かし、ボールが入っている箱はどれかを当てるゲームです。
・純粋なPHPのみで作成しました。
・累計で約700回遊んで頂けました。

【サイト】
>>ボールはどこだ

【実装機能】
・セッション
・値受け渡し
・データベース登録
・jQueryでのアニメーション

【開発環境】
HTML, CSS, Bootstrap, PHP, MySQL, jQuery, レンタルサーバーにてデプロイ

PHP(simple ToDoApp)

【アプリ概要】
PHPの基本的なCRUDを学ぶべく、純粋なPHPでPHPToDoアプリを作成しました。
・会員制としてどなたでも利用できるようにしました。

【サイト】
>>simple ToDoApp

【実装機能】
・投稿機能(CRUD)
・ユーザー機能(ユーザー登録/ログイン/ログアウト)
・ページネーション機能
・フィルタ機能
・ファイル送信機能

【開発環境】
HTML, CSS, Bootstrap, PHP, MySQL, jQuery, レンタルサーバーにてデプロイ

Laravel(ToDoタスク管理・チーム開発)

【アプリ概要】
・PHPフレームワークのLaravelにてToDoアプリを作成しました。
基本的なCRUD機能を学びました。
Githubを用いてプルリクエスト、マージなど限りなくチーム開発に近い形で開発してみました。

【ソースコード】
Github

【実装機能】
・投稿機能(CRUD)
・フィルタ機能

【開発環境】
HTML, CSS, Bootstrap, Laravel, jQuery, Homebrew, composer

Laravel(FTATOOL)

リンクはこちら
>>https://ftatoolapps.herokuapp.com/

【アプリ概要】
・Laravelにて個人アプリを作成しました。
完全独学だった身としてエラーにとても苦しんだので、エラー解決手法を網羅的にみてみたいと思い、作成しました。
・名前の由来は、前職でFTA(Failure Tree Analysis)を用いていたので、そちらの考え方を反映しました。
要件定義/ワイヤーフレーム/DB設計を行い取り掛かりました。

【要件定義】

【ワイヤーフレーム】

【DB設計】

【ソースコード】
Github

【実装機能】
・ユーザー処理(新規登録・退会・ログイン・ログアウト・ユーザー情報更新)
・画像アップロード機能(AWS S3)
・タグ検索機能投稿機能(CRUD)
・コメント機能(CRUD)
・ユーザー別機能制限(ゲスト・ユーザー・管理者)
・いいね機能
・リレーション機能
・ページネーション機能
・ソート機能

【開発環境】
HTML, CSS, Bootstrap, Laravel, jQuery, Docker, herokuにてデプロイ
テストコード(実施中)
CircleCI, AWS(勉強中、実施予定)

WordPress(自作テーマ)

【アプリ概要】
ブログにて情報発信をしてみたいと思い、自作テーマ作成から行ってみました。
・ダウンロード無料で配布しております。
基本的な機能を有しておりSEOにも強くしました。
・機能詳細は以下の記事にまとめました。
>>WordPressテーマ「No title」

各種サイト模写

HTML, CSS, Sassの基礎力を上げる為に、サイト模写をいくつか行いました。

その他

情報発信

WordPress自作テーマでのブログやtwitterにて情報発信を行っています。
最近では、Laravelで学んだことを発信しています。
>>【Laravel】Herokuを利用して無料でデプロイしてみた【手順】
>>【Laravel】マイグレーションでデータベース接続の確認【ローカル】 etc…

コーディング業務

HTML, CSS, Sass基礎力向上後に実際にコーディング業務を行ってみました。
実際のコーディング業務を受けてみて記事を作成しました。
その時の記事はこちら。
>>クラウドソーシング上のコーディング案件受注について
気になったことは臆せず挑戦していきます。

もくもく会

東京出張時に仕事が終わっても延泊して、もくもく会に積極的に参加していました。
今度は主催する側も経験してみたいと考えています。
積極性と貪欲に吸収しようとする姿勢があります。